1. Top

配管、空調、電気設備 │ CADデータのダウンロード

配管、空調、電気設備 │ CADデータのダウンロード
配管アイソメ図、量水器ボックス、水道メーター、ガスメーター、受水槽、給水タンク、貯水槽、ダクト、スパイラルダクト、単線結線図、シーケンス、制御回路版などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





CADを用いた配管アイソメ図で適正に管理する
<配管アイソメ図の管理上の課題は>
配管図面が適正に管理されていないと、トラブル発生時に復旧工事が即座に行えません。古い図面の配管設備の場合、現場を見て配管アイソメ図の作成を行わなければいけません。
<アイソメ図が最新でない場合の対策は>
最新の図面となっていなければ、現場をチェックし図面に反映させます。過去の設備変更時の図面を元に修正し、図面を最新にしましょう。CADやアイソメ図作成ソフトを用いると、アイソメ図の作成や管理が容易になります。

出典:CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ



CADツールで正確なダクトサイズの計算が重要です
<空調設備の増改造が終わってから起こるダクトの問題>
空調設備の増改造が終わってから、想定よりも部屋が冷えないなど、計算通りの性能が出ないことがあります。ダクトに問題がある場合は、サイズ計算が不十分だったといえます。
<CADを用いて誤りのないダクトのサイズ計算を>
店舗増設などで通風容量を増した際は、誤りのないダクトのサイズ計算が重要です。現状と図面に違いがあれば、図面通りのダクトで計算しても正確なサイズが導き出せません。ダクトのCADツールを使った正確なサイズ計算が重要です。

出典:ダクト・スパイラルダクトのCADデータ、計算ソフトの連動と維持管理の完全ガイド



シーケンス図の必要性、図面と現状はなぜ異なるのか
<シーケンス回路図の変更はなぜ必要か>
機器の改造・更新や電磁リレーの補修取替など、電気設備の変更時はシーケンス回路図の変更を伴うことが一般的です。リレー追加が必要なため、シーケンス回路の改造を行います。
<シーケンス図のCADデータをうまく使って維持管理を>
CADを用いたシーケンス図作成・管理が、シーケンス図と現状の相異解決方法の1つです。図面作成時間の短縮や変更箇所の把握が容易になるため、維持管理の効率化が期待できます。

出典:シーケンス図・制御回路図面のCADデータを使って、できる維持管理のコツ



CADデータを使った水道やガスメーターの上手な管理法
水道メーターやガスメーターの設置は、CADデータを使って上手な管理を
https://cad-boss.com/meter-cad-886
<水道やガスメーターの管理の課題とは>
水道やガスメーターの管理は、取替時期や設置機種など、担当エリアの情報管理体制の構築が必要です。メーターの取替え時に、接続配管が腐食しているケースもあります。
<CADデータを使って上手なメーター管理を>
水道やガスメーターの新設時には、完成図が必要です。CADデータを用いれば、効率的で正確なメーター管理が可能です。CADデータで図面作成をすれば、定期取替時の図面変更が容易です。






単線結線図で表されたものと現場が異なる、なぜ起きるのか
単線結線図にシンボル集、電気図記号などのCADデータを使うメリット
https://cad-boss.com/connection-cad-324
<単線結線図が正しくないと困るのか>
設備の電気回路系統を単線で示した単線結線図が正しくないと、配電盤の更新時、接続機器の電源容量が分かりません。誤配線や電源協調計算ができない、などの問題が発生します。
<CADを使った単線結線図のメリットは>
CADを使った単線結線図は、設備変更時に関連図面の全てを容易に変更できる点がメリットです。電源容量計算や保護協調計算ができるソフトなら、設計支援が可能になります。





受水槽・貯水槽の定期検査と、CADデータを用いた管理方法
受水槽・給水タンク・貯水槽の汚染防止は、CADデータを使った定期点検に尽きる
https://cad-boss.com/tank-cad-892
<健康被害をもたらす受水槽の課題>
健康被害をもたらす受水槽の水の汚れの原因は、受水槽や配管などの汚れによる細菌発生、錆の発生、虫の侵入、タンク外面の苔、内部のひび割れ、異物や雨水の混入などが考えられます。
<貯水槽の汚染防止は、定期的な点検・検査です>
貯水槽の水質汚染防止には、CAD図面のチェックを行い、汚染リスクの高い箇所を把握することが重要なポイントです。定期的な点検・清掃、専門機関による検査を実施することです。




仮設工 │ CADデータのダウンロードサイト

仮設工 │ CADデータのダウンロードサイト
ビケ・ビディ・枠組足場、支保工・パイプサポート、仮囲い・万能鋼板、立ち馬・脚立・ローリングタワー、シートパイル・鋼矢板などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





足場のCADデータの利用方法とその効果
<足場の種類は鋼管の用い方で決まる>
足場の種類は鋼管の用い方で決まります。ビケ足場は、クサビを用いて足場の緊結部分を固定し組み立てます。ビディ足場は、建枠やジャッキベース、手すり等の部材を組み合わせる足場です。
<足場のCADデータを用いる利点について>
部品データに足場のCADデータを用いることで、調達費用と作業費用の概算が可能です。足場構築後に変更があった場合でも、速やかに足場図面の変更や届出をスムーズに行うことができます。

出典:ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果



支保工のCADデータで品質を維持する
<支保工の品質不良からの課題の解決>
支保工の品質不良のの問題として、図面の確認不足、強度計算の怠りなどがあります。パイプの仕様と最新データの確認が重要です。図面管理を効率的に行うためには、CADで支保工の図面を作成しましょう。
<支保工を安全に施工するためには>
支保工の型枠破損やパイプ崩壊などの事故は、設計不良や施工不良が間接的な要因と指摘されています。コンクリートを支える型枠支保工は、CADデータを活用して、強度不足や傾きを防ぐため正確なデータが必要です。

出典:支保工・TSサポートにcadデータを使用するメリットをまとめてみた



仮囲いの設置時の注意点と、CADデータを活用した申請書類の作成
<仮囲いの種類と景観への配慮について>
仮囲いのCADデータ種類には、単管にメッシュシート貼、単管バリケード、なまこ板、バリケード、コンパネ張り、万能鋼板などがあります。工事現場の特性を配慮し、美観やデザイン、安全性も要求されます。
<仮囲い設置では多くの図面書類の提出が求められる>
仮囲い設置の際、道路管理者や所轄警察署に申請書類を提出する必要があります。申請書類や打ち合わせ協議資料、施工計画書の作成など、多くの図面や書類の提出に、仮囲いCADデータを活用するとスムーズな書類作成が可能になります。

出典:仮囲いのCADデータを用いて工事成績評定をアップさせる方法



脚立・立ち馬・ローリングタワーの安全対策に役立つCADデータ
立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果
https://cad-boss.com/stepladder-cad-570
<固定式に比べ不安定な脚立・立ち馬の問題点>
立ち馬は、脚立の天板を幅広く長くしたものです。脚立や立ち馬は、内装や天井の作業に使用される可搬式作業架台です。固定式に比べ不安定なため、転落事故も増えています。
<ローリングタワーの使用法を遵守した転落事故の防止>
不安定で昇降設備がないローリングタワーは、決められた使用法を守り、手すりなどのオプションを使うことで、転落事故を防止し、より安全な作業が可能となります。






CADデータを用いた鋼矢板の配置設計、材料・工法の選定
シートパイル・鋼矢板の設置工事にCADデータを使用して事故を防止する方法
https://cad-boss.com/sheetpile-cad-578
<鋼矢板設置工事の計画不足はなぜ起きるのか>
鋼矢板設置工事での事故は、鋼矢板搬入方法の不備や作業員不足などが原因で起こります。作業員への作業要領の徹底不足も原因です。承認を得ずに、工事を行うケースもあります。
<CADデータを用いて鋼矢板の強度を確保する方法>
鋼矢板の強度を確保するには、鋼矢板の配置設計や材料・工法の選定が重要です。正確な図面作成と強度計算には、鋼矢板と土留工のCADデータが必要です。弾性設計法などの手段で設計できます。




安全施設、CADデータのダウンロード

安全施設、CADデータのダウンロード
A型バリケード、B型バリケード、パネルゲート、シートゲート、キャスターゲート、カラーコーン・バー、螺旋階段などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





パネルゲートの設置、安全で機能的な仮設計画を
<パネルゲートの設置時によくある失敗例とは>
ゲート運用の失敗例として、出入口の視界が悪い、ゲートを間違える、ゲートが開けっ放し、ゲート内部が見えない、などがあります。現場作業の効率を良くするためにも、安全面と利便性に配慮したものを選びましょう。
<周囲環境にも配慮したパネルゲートの選定>
周囲環境に配慮したパネルゲートの選定も重要です。近隣の迷惑や交通渋滞を防ぎ、工事内容や安全確保の掲示など、近隣住民に迷惑をかけない工夫をしましょう。注意書きにはCADデータを活用して、ビジュアルに訴える内容にしましょう。

出典:パネルゲートのCADデータを使った、安全で機能的な仮設計画の作成方法



バリケードのCADデータで、現場内外の安全対策を
<バリケードを使った安全計画の立案>
バリケードを使った安全計画の立案には、CADデータをうまく利用します。視覚に訴える資料を効率よく作成し、安全な現場運営を行いましょう。色や配置でわかりすく歩道や待機場所を知らせましょう。
<工事現場周辺での安全確保>
工事現場周辺での安全確保として、資材運搬の車両の出入りなど、地域住民へのアピールも大事な仕事です。住民への説明ツールの一つとして、バリケードのCADデータを活用してみましょう。

出典:バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮



設計者もクライアントも納得した螺旋階段を採用しよう
螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう
https://cad-boss.com/spiral-cad-588
<将来的な使い方にも合っている階段ですか>
螺旋階段CADデータを使って、将来的な使い方にも合っている階段か十分に考えましょう。子供や高齢者は、踏み外しの危険があります。大きな家具の搬入出用に、道路面にの大きな窓を設置しておく必要もあります。
<生活動線を考慮した階段設計になっていますか>
ベランダが2階の場合、洗濯物を抱えての移動は注意が必要です。2階を子供部屋にする場合も心配です。荷物を抱えての移動が少ないように、2階の間取りを検討しましょう。クライアントへの説明にはCADデータが役立つでしょう。






不安全な行動を解消するカラーコーンCADデータの使い方
カラーコーン・バーのCADデータを利用した、現場の安全と危険が“見える化”づくり
https://cad-boss.com/trafficcone-cad-584
<作業員の危険を解消するカラーコーンの使い方>
不安全な行動を解消するためのカラーコーンの使い方には、作業員と重機の間にカラーコーンを設置する、重機オペレーターはカラーコーンの手前で作業する、ヒヤリハット事例の情報を共有する、などあります。
<事故を防ぐ安全計画においてのCADデータの使い方>
カラーコーンのCADデータは、安全計画の立案や資料作成、周知活動に便利に活用できます。工事現場や歩行者通路の危険区域を明確にし、事故を防ぐ安全計画が望まれます。




カテゴリ
車両、人物、樹木、添景 CD
ブログ記事の検索
最新の記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



建設機械、建設資材 CAD
設備工事、建築、家具 CAD
アクセス ランキング



QRコード
QR